コロナワクチン、インフルエンザワクチン、発熱外来希望の方は電話での予約をお願いします。

胃や大腸などの消化管・胃腸科疾患、肝臓、胆のう・胆管・膵臓の疾患に対して消化器病専門医が専門的な診察を行っています。

一般的に消化器内科と言われる分野には胃や大腸などの消化管、肝臓、胆のう・胆管・膵臓にわかれています。当院では胃腸科・消化器の専門的な診察を行っています。

ほとんどの方が一過性に終わるものが多いと思いますが、重篤な疾患が隠れていることがあります。症状を繰り返す場合や、不安や気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

胃腸科・消化器領域の病気と思っていても、心臓、肺、大動脈、筋肉、骨の病気が隠れていることがあります。当院は総合内科専門医の資格を有しておりますので、様々な疾患に対しても対応しております。何科にかかればいいか迷う場合は当院にご相談ください。

下記の症状の時には消化器疾患の可能性があります。

物が飲み込みにくい

のどに違和感がある

胸やけがする

吐き気がある

げっぷが出る

胃が痛い、違和感がある

おなかが痛い

おなかが張る

背中が痛い

下痢

便秘

食欲がない

体重が減った

便が黒い

便に血が混じる、血便が出る

黄疸がある

 

症状ごとに必要な検査と代表的な疾患をご紹介します

必ず当てはまるわけではありません!

症状検査疾患
物が飲み込みにくい胃カメラ逆流性食道炎機能性ディスペプシア、食道がん、咽頭・甲状腺疾患
のどに違和感がある胃カメラ逆流性食道炎、機能性ディスペプシア、食道癌、咽頭・甲状腺疾患
胸やけがする胃カメラ逆流性食道炎、機能性ディスペプシア、食道癌、
吐き気がある胃カメラ、腹部レントゲン逆流性食道炎、機能性ディスペプシア、感染性胃腸炎、便秘、腸閉塞、消化管がん
げっぷが出る胃カメラ、腹部レントゲン逆流性食道炎、機能性ディスペプシア、呑気症、便秘、食道裂孔ヘルニア
胃が痛い、違和感がある(上腹部)胃カメラ、腹部超音波逆流性食道炎、機能性ディスペプシア、胃炎、胃十二指腸潰瘍・がん、胆のう炎・胆石・がん、胆管炎・結石・がん、膵炎・がん、肝膿瘍・がん、便秘
おなかが痛い(下腹部)腹部レントゲン、腹部超音波、大腸カメラ感染性腸炎、便秘、腸閉塞、大腸憩室炎、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、虫垂炎、大腸・小腸がん
おなかが張る腹部レントゲン、腹部超音波便秘、腸閉塞、腹水(肝硬変など)、大腸・小腸がん
背中が痛い(*1)胃カメラ、腹部超音波、腹部レントゲン逆流性食道炎、機能性ディスペプシア、胃炎、胃十二指腸潰瘍・がん、胆のう炎・胆石・がん、胆管炎・結石・がん、膵炎・がん、肝膿瘍・がん、便秘、大動脈解離、大動脈瘤
下痢便培養、大腸カメラ感染性腸炎、過敏性腸症候群、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸がん
便秘腹部レントゲン、大腸カメラ過敏性腸症候群、加齢、腸閉塞、大腸がん
食欲がない胃カメラ、大腸カメラ、腹部超音波過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア、逆流性食道炎、胃腸炎、胃十二指腸潰瘍、すべてのがん、他科の疾患
体重が減った胃カメラ、大腸カメラ、腹部超音波過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア、逆流性食道炎、胃腸炎、胃十二指腸潰瘍、すべてのがん、他科の疾患
便が黒い胃カメラ、腹部超音波上部消化管出血(逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、食道・胃・十二指腸がん、食道・胃静脈瘤)
便に血が混じる、血便が出る腹部超音波、大腸カメラ虚血性腸炎、感染性腸炎、痔、大腸憩室出血、潰瘍性大腸炎、大腸がん
黄疸がある腹部超音波、血液検査肝硬変、閉塞性黄疸(総胆管結石、胆膵がん)

*1:背中の痛みは膵臓と思われる方が多いと思いますが、膵癌は稀な疾患であり過度な心配は必要ない場合がほとんどです。

先ほども述べましたように、代表的な疾患を記載していますので、必ず上記に当てはまるわけではありません。症状がすぐよくなれば経過を見てもいいと思いますが、心配な場合や、症状が良くならずに悪化する場合は受診をお勧めします。

また、上記の症状に加えて発熱がある場合は感染を起こしている場合があり、早期診断・治療が必要な場合がありますので早めの受診をお願いします。

発熱がある場合は血液検査を行いますが、それ以外にも必要時は行います。CT,MRIが必要な場合や当院での治療が困難な場合は近隣の総合病院を紹介しています。

のど・胸部違和感や胸やけ、上腹部痛は狭心症・心筋梗塞などの心疾患の可能性もありますので注意が必要です。

当院で行っている検査

肝・胆・膵の異常を疑ったり、感染・炎症が疑われる場合は血液検査を行います

感染性腸炎の原因を調べるために便の培養検査を行う場合があります

胃カメラ、大腸カメラは食道・胃・十二指腸・大腸の検査を行います

腹部超音波検査は肝臓、胆のう、胆管、膵臓、脾臓、腎臓、膀胱、前立腺の検査を行います

腹部レントゲン検査は腸管のガスや便のたまりをみることで、腸閉塞や便秘などの診断ができます

当院で診療している代表的な胃腸科・消化器疾患

食道:食道がん、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、食道アカラシア、バレット食道、食道静脈瘤など

胃・十二指腸:胃がん、胃腺腫、慢性胃炎、胃潰瘍、胃アニサキス、胃粘膜下腫瘍(GIST)、ポリープ、十二指腸がん、十二指腸潰瘍など

大腸:大腸がん、大腸腺腫、クローン病、潰瘍性大腸炎、虚血性腸炎、大腸憩室炎、虫垂炎、大腸ポリープなど

その他:便秘、下痢、感染性腸炎、腸閉塞、機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群、腹水

肝臓:肝がん、各種肝炎(ウイルス性、薬剤性など)、肝硬変、脂肪肝、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、肝膿瘍など

胆のう:胆のうがん、胆のう結石、胆のうポリープ、胆のう腺筋腫症、胆のう炎など
胆管:胆のうがん、胆管結石、胆管炎など
膵臓:膵がん、膵のう胞性疾患、膵石、膵炎など

治療が必要な病気はもちろんですが、治療の必要が無くても定期的な診察を要する病気もありますので、まずはどのような病気を持っているか確認しておくことが重要です。また、今後がんや重篤な病気になりやすい状態(前がん病変など)があると、より慎重な治療計画が必要となりますので、事前に診断しておくことでがんの早期発見・早期治療に繋がります。病気によってはCT,MRIなどの検査が必要な場合や、入院が必要な場合がありますので、近隣の総合病院や大学病院に紹介させていただきます。